RPGアプリの部屋

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RPGアプリの部屋

スマホでできるRockでPopなゲームアプリについて書いています

心理戦ゲームアプリ|スマホで無料の新作・人気作おすすめゲームランキング

 

Android・iPhone・iOSなどのスマホで無料で遊ぶことができる「心理戦・頭脳戦がすごいゲームアプリ」は数多くある。

対プレイヤー戦や対コンピューター戦の中で、相手の気持ちを読みながらプレイしていくゲームアプリの総称である。

そんな、スマホでできる心理戦・頭脳戦がすごいゲームアプリの中で、おすすめの面白いアプリをランキング形式でまとめてみた。

どのアプリも課金要素はあるが、どれも基本プレイは無料でやることができる。

心理戦。頭脳戦ゲームアプリの中で、人気作から新作まで、話題作を数多く含んでいる。

それでは、どうぞ。

 

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】
開発元:NHN PLAYART CORP.

 

3分で運命が決まる手軽に楽しめる3on3オンラインバトルでスピーディーな陣取り合戦をすることができる戦略シミュレーションゲームアプリが『#コンパス』である。

3Dフィールドを駆け回るヒーローを操り、仲間と共に勝利を目指していく。

ゲームは基本的に、3on3のオンラインバトルを中心にして進んでいく。

プレイヤーが使うヒーローは、カードを装備することによってスキルを使うことができるようになる。

攻撃、ワープ、回復などの技があり、このカードによるスキルが戦局を大きく動かしていくことになる。

ゲームに登場するヒーローやカードを成長させ、自分だけのデッキを構築していく。

ゲームの開発には、ニコニコ動画を運営している「DWANGO」が関わっている。

ニコニコ動画で活躍する絵師・ボカロPがヒーローをプロデュースしていたり、バトルでコミュニケーションを取れたり、ゲームの中からニコニコ生放送を配信可能であったりとする要素もある。

『#コンパス』は、かっこいい3Dグラフィックでヒーローたちを操って3on3オンラインバトルで戦っていく戦略シミュレーションゲームアプリとなっている。

 

Hearthstone: ハースストーン

Hearthstone: ハースストーン
開発元:Blizzard Entertainment, Inc.

 

『Hearthstone:ハースストーン』は、簡単操作で手軽に遊べる戦略カードゲームアプリである。

世界中でプレイされている奥深い戦略性が楽しめるゲームとなっている。

ゲーム内では、9種類のユニークなヒーローたちが登場をしてくる。

呪文を駆使するメイジ、回復が得意なプリースト、防御に特化したウォリアーなど、選ぶヒーロー次第で戦略も全く変わってくる。

自分に合ったヒーローでライバルたちと戦っていくことになる。

『Hearthstone:ハースストーン』には、800種類以上の豊富なカードを使っていくことができる。

ミニオン、呪文、武器、そしてヒーロー毎の特別なカードがある。

組み合わせは無限大で、自分の戦略にあったカードでオリジナルのデッキを作っていく。

レアリティの高いカードが手にはいれば、組めるデッキの幅が広がり、戦略性も高まっていくことになる。

アドベンチャーモードや定期的に開催されるイベントも楽しめる。

奥深いストーリーが楽しめる「アドベンチャーモード」、毎週木曜日から日曜日に開催されるイベント「酒場の喧嘩」、ランダムなカードでデッキを組む「闘技場」など、重厚なコンテンツができるようになっている。

『Hearthstone:ハースストーン』は、800種類以上の豊富なカードを使っていく、戦略カードゲームアプリとなっている。

 

エラキス2【進感覚ダイスバトルRPG】

エラキス2【進感覚ダイスバトルRPG】
開発元:NAMHO KIM

 

サイコロを転がすだけでは終わらない!!

「進感覚」なダイスゲームをプレイしていくことができるボードゲームアプリが『エラキス2』である。

プレイヤーは、姫を守るマスターの一人を選び、ダイサーと呼ばれるユニットを駆使し、ボード状のステージを攻略しながら謎の塔の最上部を目指していく。

『エラキス2』では、ダイサーの「選択」で生まれる2つのバトル方式が楽しめる。

ボードバトルでは、遠距離攻撃や後方攻撃など、6種類の攻撃タイプを持つダイサーで パーティを組み、様々な戦略を生み出していく。

ダイスバトルでは、敵が位置するマス目に進むとバトルが発生する。

相手が出すサイコロの目数より自分の方が多ければ攻撃、少なければ防御の特殊バトルをしていくことになる。

フレンド協力型「レイド」、バトル対戦型「アリーナ」&「リーグ」バトル、自分の力を試せる「チャレンジ」バトルなど、様々なバトルステージをやりこんでいくこともできるようになっている。

『エラキス2』は、ボードバトルやダイスバトルなどが楽しめる、新感覚のボードゲームアプリとなっている。

 

遊戯王 デュエルリンクス

遊戯王 デュエルリンクス
開発元:Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

 

人気漫画であり、トレーディングカードゲームとしても有名な「遊戯王」がカードRPGアプリとして登場したのが『遊戯王 デュエルリンクス』である。

遊戯王カードを使って、最強のデュエリストを目指して戦っていく。

ゲーム内では、様々なデュエリストたちとカードを使った頭脳戦が楽しめる。

自分だけのオリジナルのデッキを組んで、モンスターを召喚し、魔法・トラップを使ってデュエルをしていく。

原作の「遊戯王」たちのキャラクターたちも数多く登場をしてくる。

遊戯、海馬、城之内、孔雀舞などの伝説のデュエリストが参戦してくる。

アニメオリジナルキャストによりボイスも楽しめるようになっている。

彼らとのアツいデュエルも楽しめるうようになっている。

ブラック・マジシャン、青眼の白龍といった、原作でも大活躍した有名な伝説のモンスターたちは、3D演出で登場してくる。

ド派手なエフェクトとともに、派手なグラフィックも見られるようになっている。

また、世界中の『遊戯王 デュエルリンクス』をやっているプレイヤーたちとも、デュエルが楽しめるようになっている。

『遊戯王 デュエルリンクス』は、世界中で大人気のTCGの「遊戯王」をスマホで遊べるカードゲームアプリとなっている。

 

ダイスの神

ダイスの神
開発元:JOYCITY Corp

 

ダイスを振って、すごろくで世界中のプレイヤーたちと対戦していくボードゲームアプリが『ダイスの神』である。

対戦は、自分が持っているお金によって決まってくる。

マス目状のフィールドに泊まることによって、自分の街を作ることができる。

この街に、他のプレイヤーが止まることによって通行料を奪っていくことが可能である。

最終的に他のプレイヤーを全員、破産されることができれば勝利となってくる。

ゲーム内には、多種多様なダイスやスキルカードがでてくる。

様々なダイスを作って、装備することによってバトルで使っていける。

ダイスごとに違った種類の効果を持っていて、対戦を有利に進めていくことが可能となっている。

150種類を超える多種多様なスキルカードの使用も可能である。

ランダムで場所を移動する、他のプレイヤーを自分のマスまで引き寄せる、お金を手に入れるなど様々な効果を持ったものがある。

ダイス、スキルカードをどのような戦略で使っていくかによって、勝負の行方が大きく左右されていくことになる。

『ダイスの神』は、世界中のプレイヤーたちとすごろくで頭脳戦をしていくボードゲームアプリとなっている。

 

シャドウバース(Shadowverse)

シャドウバース(Shadowverse)
開発元:Cygames, Inc.

 

世界が闇で満ちたとき、虚無への門が開かれる

圧倒的なアートワークが彩る、至高のバトルを体感できるカードRPGアプリが『シャドウバース(Shadowverse)』である。

400種類を超える美麗なイラストのカードを使っての頭脳戦を楽しむことができる本格スマホカードゲームである。

ストーリーでは、7人のキャラクターが織りなす重厚なダークファンタジーな物語となっている。

豪華声優陣によるフルボイスのストーリーモードを見ていくことができる。

『シャドウバース(Shadowverse)』では、世界中のライバルたちとの対戦を楽しめるようになっている。

「フリーマッチ」では気軽に腕試しをし、「ルームマッチ」では友達とバトルをする。 さらに「ランクマッチ」では頂点を目指していく。

自分だけの最強のデッキを創造し、その名を世界に轟かせていくことができる。

また、バトル中に使うカードはバトル内での進化をすることが可能である。

場に出て戦う「フォロワーカード」のすべてが進化可能となっている。

戦略は無限大で、勝利の鍵は「進化」が握っている。

切り札を進化させて強化し、勝利への道を切り開いていく。

『シャドウバース(Shadowverse)』は、美麗なイラストのカードを使っての至高のバトルを体感できるカードRPGアプリとなっている。

 

プラチナ・トレイン 日本縦断てつどうの旅

プラチナ・トレイン 日本縦断てつどうの旅
開発元:JContents Co.,Ltd.

 

実際の電車を使っての目的地を目指して双六をしていく、ボードゲームアプリが『プラチナ・トレイン 日本縦断てつどうの旅』である。

プレイヤーは、鉄道会社「プラチナ・トレイン」に入社してきた新米運転士である。

JR西日本エリアをリアルな車両でゲームを進め、ライバルとなる同僚や先輩と競い合いながら、伝説の運転士を目指していくゲームである。

ゲームはすごろくによって進んでいく。

複数人数によって対戦していき、目的地が設定されている。

先に目的地に着いた人から順番に、多くのポイントが加算されていく。

最終的にポイントを多く稼いだ人が優勝となる。

登場する車両は50種類以上ある。

人気のN700系、500系、W7系など新幹線から、大阪環状線でお馴染み103系、207系、321系など身近な近郊を走る普通列車まで乗っていくことができるようになっている。

さらに、登場する駅は1200以上ある。

山陽新幹線はもちろん、在来線もJR京都線、神戸線、阪和線にJR東西線と、なじみ深い路線に加え、大阪駅や京都駅など大きな駅から、木津駅や放出駅に鳳駅など地域密着の駅までJR西日本エリア内の全ての駅が登場する。

『プラチナ・トレイン 日本縦断てつどうの旅』は、実際の電車を使っての目的地を目指して双六をしていく、ボードゲームアプリとなっている。

 

スター・ウォーズ フォースコレクション(STAR WARS™: FORCE COLLECTION)

スター・ウォーズ フォースコレクション(STAR WARS™: FORCE COLLECTION)
開発元:Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

 

スター・ウォーズカードでバトルをしていくカードRPGアプリが、『スター・ウォーズ フォースコレクション』である。

人気映画の「スター・ウォーズ」がカードとなったスマホゲームである。

マルチプレイヤー・カードバトル・アドベンチャーの中で、ダース・ベイダーやルーク・スカイウォーカーを始め、スター・ウォーズの登場人物やビークルなどがカードとなっている。

ゲーム内では、計400枚以上のカードがでてくる。

ヨーダ対ダース・ベイダー、ダース・モール対ルーク・スカイウォーカーなど、夢の対決を実現させることができるようになっている。

「ローグ・ワン 」 「スター・ウォーズ」のストーリーを舞台にしたゲーム内イベントも楽しめるようになっている。

バトルでは、カードでフォーメーションを組んでいく。

各カードには、スキル、攻撃レンジ、フォース属性のコンビネーションが特有に存在している。

カードの力を最大限に発揮するフォーメーションを構築し、敵に挑んでいくことになる。

オンライン・レギオンに参加、仲間とカード交換、マルチプレイヤーPvPのバトルといった他のプレイヤーたちと共に楽しめる要素も満載となっている。

『スター・ウォーズ フォースコレクション』は、スター・ウォーズの人気キャラクターたちのカードで戦っていくカードRPGアプリとなっている。

 

オーダー&カオス デュエル ~トレーディングカードゲーム~

オーダー&カオス デュエル ~トレーディングカードゲーム~
開発元:Gameloft

 

ヒーローたちとともに戦略性の高いカードゲームをしていくことができるアプリが『オーダー&カオス デュエル』である。

最強のカードデュエラーを目指して壮大なファンタジー世界に飛び込んでいくことができるゲームである。

偉大なヒーロー、カードデュエラーとして立ち上がりハラドンに希望の光を取り戻すための物語を進めていく。

カードを使っての簡単操作でデュエル対決をしていく。

登場するカードは約300種ほどある。

ファンタジーな世界観の美しいイラストのカードを使っていくことができる。

4種族、4クラス、4タイプのカードを使いこなして、自分だけの渾身のデッキを編成していく。

組んだデッキでは、様々な敵とデュエルをしていく。

最強のデッキを組んで、ソロクエストに挑戦して強力なボスを討伐したり、オンラインPvPで世界中のプレイヤーと戦っていったりとしていくことができる。

ランキング上位を目指して戦っていく。

『オーダー&カオス デュエル』は、ファンタジーな世界観のカードを使って、頭脳戦が楽しめるカードRPGアプリとなっている。

 

ボードゲーム 鉄道王NEO

ボードゲーム 鉄道王NEO
開発元:NetFarm communications Inc.

 

電車を使ってすごろくで勝負していくボードゲームアプリが『ボードゲーム 鉄道王NEO』である。

日本各地に加えて、海底や宇宙まで網羅した29マップを搭載している。

「北海道」「札幌」「東北」「都心」といった日本全国のマップから、「ヨーロッパ」「中国」「月面開発」「海底超特急」といったマップまで、多種多様なものを遊んでいくことができる。

これらのマップをサイコロを使って動き回っていき、最終的に稼いだお金で勝負をしていくゲームである。

マップの中には、電車の駅があるのだが、ここに客たちが出没する。

これらの客を目的の駅まで運んでいくことによって運賃をもらうことができる。

また、駅や線路を買収することができて、ここでの他プレイヤーの通行料も収入源となってくる。

プレイヤー同士が同じマス目に止まるとバトルをしていく。

サイコロを振ってのバトルに勝てば、対戦相手からお金を奪っていくことができる。

電車は、改造していくことができて、改造によって勝負を有利に進めていける。

『ボードゲーム 鉄道王NEO』は、多種多様なマップで、電車を使ってすごろくで勝負していくボードゲームアプリとなっている。

 

戦国炎舞 -KIZNA-

戦国炎舞 -KIZNA- 【人気の本格戦国RPG】
開発元:Sumzap Inc.

 

時は戦国、乱世の時代…

数々の戦場を舞台に、熾烈な合戦が繰り広げられていく。

日本全国、歴戦の名将たちを仲間に従え、天下統一を目指していくRPGアプリが『戦国炎舞 -KIZNA-』である。

仲間と協力して天下統一を目指すリアルタイム協力バトルの「合戦」が楽しめるゲームである。

「合戦」は、「最大20人vs20人」でのリアルタイム協力バトルをしていく。

プレイヤー同士で連合を組み、協力プレーで自軍を勝利に導いていく。

仲間と連携して最強の連合を目指していくゲームアプリとなっている。

『戦国炎舞 -KIZNA-』の中では、織田信長、明智光秀、佐々木小次郎、上杉謙信...など、過去の様々な武将たちが登場をする。

彼ら人気武将が美麗カードになっている。

この武将カードを入手することによって、仲間に引き入れて戦っていくことができる。

武将たちは、スキルを使うことができる。

ド派手なスキルを駆使して、強力な奥義を放っていく。

『戦国炎舞 -KIZNA-』は、歴戦の名将たちを仲間に従え、天下統一を目指していくRPGアプリとなっている。

 

ドラゴンポーカー

ドラゴンポーカー
開発元:Asobism

 

最大5人同時プレイ、仲間との協力を中心とした「リアルタイム+ポーカー+RPG」の新体験ゲームアプリが『ドラゴンポーカー』である。

「リアルタイム」に、最大5人で「ポーカー」をしていくゲームである。

ゲーム内では、プレイヤーが冒険していく中で、強大なモンスターが登場をしてくる。

このモンスターに、リアルタイムで同時に接続をしている全国のプレイヤーたちと手を組んで挑んでいく。

ゲームの内容は「ポーカー」によって決まる。

プレイヤーは1000体以上の多種多様なモンスターカードを使ってデッキを組む。

その中からランダムで手札を引いていく。

5人のプレイヤーは引いた手札から、それぞれ1枚づつカードを出していく。

それぞれが出したカードに割り振られるA、2〜10、J、Q、Kのトランプの数字によってポーカーの役を作っていく。

仲間同士で息を合わせて、強い役を作ることに成功すれば、モンスターに強力な攻撃をしていくことができる。

『ドラゴンポーカー』は、「リアルタイム」に、最大5人で「ポーカー」をしていく、カードRPGアプリとなっている。

 

アングリーバード:ダイス

アングリーバード:ダイス
開発元:JOYCITY Corp

 

人気ゲームシリーズの「アングリーバード」が対戦型のすごろくゲームアプリとなったのが『アングリーバード:ダイス』である。

プレイヤーはアングリーバードでにでてくるキャラクターを操作する。

このキャラクターたちで、日本をはじめとして、世界中のプレイヤーたちとダイスを振ってすごろくでバトルをする。

勝負の決着はお金の奪い合いによって決まってくる。

プレイヤーたちは、ゲーム開始とともに一定の金額のお金を持っている。

相手のお金を奪っていき、相手を破産させることを目指してプレイを進めていく。

決められたマスに止まるとそこが、自分の陣地となる。

その陣地に敵プレイヤーが止まるとお金が奪えるようになっている。

自陣をどんどんと増やして、相手の陣地を踏まないようにとすることが重要となってくる。

ゲーム内では、様々な効果を持ったカードも使っていくことが可能である。

カードは、あらかじめ自分でデッキを組んでいくことができる。

「どのカードをデッキに組み込むのか」や「どのタイミングでカードを使うのか」といった戦略も手部の行方を大きく左右していくことになる。

『アングリーバード:ダイス』は、ダイスを振って世界中のプレイヤーたちとお金の奪い合いをしていく対戦型のすごろくゲームアプリとなっている。

 

プロ野球PRIDE

プロ野球PRIDE
開発元:COLOPL, Inc.

 

新球団のオーナーとなってプロ野球選手カードを集めていく、野球ゲームアプリが『プロ野球PRIDE』である。

3Dバッティングアクションや白熱のペナントなどをしながら、最強の野球チームを目指していく。

ゲーム内では、実際にあるセ・リーグとパ・リーグの12球団を選択する。

選択したチームを目指して、他の球団と対戦をしていくことになる。

ゲーム内では、総数30,000種類を超える多彩なラインナップの選手カードが登場をする。

伝説の助っ人選手や、海外で活躍する一流選手などのカードもある。

選手の躍動感あふれるプレーを写したカードデザインで、コレクションをしていく楽しみがある。

それらの選手カードを使っての自分だけのオリジナルチームを作っていく。

監督としての最強オーダーで、対戦をしていくことができる。

プレイヤー同士による対戦の要素もあり、熱戦を楽しみながら、全球団の頂点を目指していく。

超爽快の3Dバッティングも楽しむことができる。

バットを振ってのホームランを飛ばしていく快感を味わうことができる。

『プロ野球PRIDE』は、新球団のオーナーとなって自分だけのチームを作って試合をしていく野球ゲームアプリとなっている。

 

桃太郎電鉄JAPAN+

桃太郎電鉄JAPAN+
開発元:Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

 

日本全国を駆け巡って日本一の大社長を目指していくボードゲームアプリが『桃太郎電鉄JAPAN+』である。

世代を超えて愛され続けている大人気ゲームの「桃太郎電鉄」が、スマホアプリになったのがこのゲームである。

全国各地をまわって物件を購入しながら、他のプレイヤーたちと競い合いつつ、日本一の大社長になるためにプレイを進めていく。

まず、1億円を持ってスタートし、サイコロを振って目的地を目指していく。

目的地に一番乗りすると、多額援助金をもらうことができる。

そして、誰かが目的地に着いたとき、一番遠くにいた人に貧乏神がついてしまう。

貧乏神がついていると、毎ターンにお金が取られてしまったりと、不利になってしまう。

誰かとすれ違うと貧乏神は押し付けられるので、貧乏神が自分につかないようにしながらプレイを進めていくことになる。

都市には様々な物件が販売されていて、物件を所有すると毎年決算で収益金が手に入る。

決められた年数が終わるとゲームが終了する。

その時点で所有物件の総額と所持金、収益金を合わせた総資産の一番多い人が勝ちとなる。

全国各地をまわって物件を購入しながら、資産を増やして、日本一の大社長になるためにプレイを進めていくことになる。

『桃太郎電鉄JAPAN+』は、日本全国を駆け巡って日本一の大社長を目指していくボードゲームアプリとなっている。

 

終わりに

というわけで、オススメの心理戦・頭脳戦がすごいゲームアプリを紹介した。

対プレイヤー戦や対コンピューター戦の中で、相手の気持ちを読みながらプレイしていくゲームアプリの総称である。

そんな、スマホでできる心理戦・頭脳戦がすごいゲームアプリの中で、おすすめの面白いアプリをランキング形式でまとめてみた。

人気作から新作まで、話題作を数多く含んでいて、Android、iPhone、iPad、iOSなどに対応をしている。

どのアプリもダウンロードは無料なので、興味があるゲームがあれば、ぜひともダウンロードしてみてください。