RPGアプリの部屋

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RPGアプリの部屋

スマホでできるRockでPopなゲームアプリについて書いています

桃太郎電鉄JAPAN+/ボードゲームアプリ[Android・iPhone]

ボードゲームアプリ ボードゲームアプリ-すごろくアプリ

桃太郎電鉄JAPAN+
開発元:Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

 

日本全国を駆け巡って日本一の大社長を目指していくボードゲームアプリが『桃太郎電鉄JAPAN+』である。

世代を超えて愛され続けている大人気ゲームの「桃太郎電鉄」が、スマホアプリになったのがこのゲームである。

全国各地をまわって物件を購入しながら、他のプレイヤーたちと競い合いつつ、日本一の大社長になるためにプレイを進めていく。

まず、1億円を持ってスタートし、サイコロを振って目的地を目指していく。

目的地に一番乗りすると、多額援助金をもらうことができる。

そして、誰かが目的地に着いたとき、一番遠くにいた人に貧乏神がついてしまう。

貧乏神がついていると、毎ターンにお金が取られてしまったりと、不利になってしまう。

誰かとすれ違うと貧乏神は押し付けられるので、貧乏神が自分につかないようにしながらプレイを進めていくことになる。

都市には様々な物件が販売されていて、物件を所有すると毎年決算で収益金が手に入る。

決められた年数が終わるとゲームが終了する。

その時点で所有物件の総額と所持金、収益金を合わせた総資産の一番多い人が勝ちとなる。

全国各地をまわって物件を購入しながら、資産を増やして、日本一の大社長になるためにプレイを進めていくことになる。

『桃太郎電鉄JAPAN+』は、日本全国を駆け巡って日本一の大社長を目指していくボードゲームアプリとなっている。

 

日本一の社長を目指す

『桃太郎電鉄JAPAN+』では、サイコロを振りながら日本全国を巡っていくすごろくのゲームである。

自分が有利に進められる便利なカードを使ったりとしながら、全国各地をまわって物件を購入しつつ、資産の量で他のプレイヤーたちと競い合っていく。

日本一の大社長を目指していくゲームとなっている。

 

決められたターンで競い合っていく

『桃太郎電鉄JAPAN+』では、決められた年数内で勝負をしていくことになる。

毎ターンに1ヶ月づつ進んでいくので、1年間で12回のサイコロを振っていく。

指定された目的地の年を目指して、プレイをしていくことになる。

 

お邪魔者の貧乏神

誰かが目的地に着いたとき、一番遠くにいた人に貧乏神がついてしまう。

貧乏神がついていると、毎ターンにお金が取られてしまったりと資産を失っていき、不利になってしまう。

貧乏神がは、さらに強力なキングボンビーに変化をすることもある。

誰かとすれ違うと貧乏神は押し付けられるので、貧乏神が自分につかないようにしながらプレイを進めていくことになる。

 

終わりに

というわけで、日本全国を駆け巡って日本一の大社長を目指していくボードゲームアプリの『桃太郎電鉄JAPAN+』を紹介した。

世代を超えて愛され続けている大人気ゲームの「桃太郎電鉄」が、スマホアプリになったのがこのゲームである。

決められた年数の中でサイコロを振っていき、資産を増やしていくことになる。

『桃太郎電鉄JAPAN+』は、日本全国を駆け巡って日本一の大社長を目指していくボードゲームアプリに興味がある人には、おすすめのゲームアプリとなっている。

 

関連記事